昔々通っていた音楽教室での思い出

昔々のことですが、今から30年以上前に音楽教室に通い出した経験を持っています。


大手楽器メーカーが経営している音楽教室であり、本社のある地元の大きな音楽教室でした。

一つのビルの中にいくつもの教室を持っており、ピアノ教室や他の楽器の教室、また、運動を専門とする教室も同じ経営で行われていました。基本的には音楽関連の教室がメインとなりますが、その中でも人気を2分していたものがあります。
それはピアノ教室と電子鍵盤楽器の教室です。

自身は最初はピアノの音楽教室に通っていたのですが、先生から推奨されたこともあり、後に電子鍵盤楽器の音楽教室へと移籍をしています。

どちらも基本は同じで、音階を正しく学んだ後に、鍵盤の弾き方として、指の動かし方などのレッスンを受けることになります。
音楽教室には3歳から学んでいましたが、2年程が経過すると、楽曲と言えるほどの演奏を行うことができるようになりました。

音楽教室で体験したことで、数十年が経過した今でも良い思い出として記憶に残っていることがあります。それは同じクラスの全員で、アンサンブルを行ったことです。

地元では一番大きな規模を有するホールを利用して、当時は定期的に開催されていたコンサートイベントです。皆で演奏した楽曲もはっきりと記憶に残っているのですが、かつて流行した映画の主題歌です。

普段はピアノや電子鍵盤楽器を演奏しているクラスですが、アンサンブルでは生徒によっては打楽器を用いて演奏するパートもあり、子供ながら本格的な演奏です。

映像としては当時会場で親が撮影した写真で見ることができますが、全員で演奏した音声に関しては、カセットテープで今も尚聞くことができます。

カセットテープは、当時はコンサートの度に主催している会社が録音をしており、後にクラスの生徒の全員に配られていたものです。

コンサートには各クラスの先生によるアンサンブルも行われており、古い時代ですがかなりの完成度を誇っています。

http://www.toushin.or.jp/
http://www.jiaa.or.jp/
http://www.invest-japan.go.jp/