有料老人ホームの特徴

有料老人ホームとは、入所した老人に生活サービスを提供することを目的とした施設のことです。

All Aboutの情報を掲載しませんか。

社会福祉法人等が公益事業で行う老人福祉施設意外のものを指します。
介護保険の適用の有無や介護サービスの内容に応じて、「介護付き」と「住宅型」と「健康型」の3つのタイプに分けられます。


健康型は健康面にも問題がない方の為のホームで、実際にはあまり需要がない為に老人ホームと言うと一般的には介護付きか住宅型の事を指します。

また、住宅型は介護保険が適用できません。
有料老人ホームでは、高齢者の方に入浴や排泄の介助、食事の提供や介護など、日常生活で必要になる支援を行います。

施設の設置自体に特別な規制がなく民間企業が運営しています。
公営の特養老人ホームは入居待ちが多くなかなか希望する施設に入る事が出来ませんが、有料老人ホームは入居条件さえあえば、あとは予算の都合と介護の必要性に応じたホームに入居する事が出来ます。
有料老人ホームに入居する為の費用として、入居一時金が必要になります。


これは終身利用型施設の場合、施設を終生まで利用する権利と介護サービスを受ける権利の費用になり、入居期間に応じて償却されます。

ホームによっては、償却期間が終わった後に新たな契約が必要になる場合もあります。



他にも食費や管理費、保険でまかないきれない部分の医療費が必要になります。



入居後にご本人の介護度が変わる事もありますので、様々なケースでの利用料金を確認する事が大事です。